Ryo.gift | Web developer blog

Web開発者のブログです。

「イラスト図解式 この一冊で全部わかるweb技術の基本」の感想

目次

  1. 初めに
  2. HTTPについて
  3. Webで扱うデータ形式について
  4. Webアプリケーションについて
  5. 最後に

1. 初めに

私は、Webアプリケーション開発の仕事をしてきて8年目になりますが、この書籍のWeb技術の説明は分かりやすいです。何が分かりやすいのかをまとめました。

2. HTTPについて

HTTPの説明や歴史はウィキペディアからでも勉強できますが、やはり、イラストがあるおかげで用語や構成が頭にすんなりと入ってきます。 HTTPの情報はインターネットで探すと、簡単に手に入りますが、この書籍は綺麗に要約されており初心者にはピッタリです。 私は、この書籍で「HTTP/2」についての改良点を理解し、自分で管理しているWebサーバーを早速、「HTTP/2」に対応させました。

3. Webで扱うデータ形式について

Webで扱う代表的なデータのHTMLやCSSから画像形式、XMLJSONなど基本的な仕組みが学べました。 新たな学びとしては、JavaScriptは過去に二種類あり(JavaScriptJScript)、その後は一つに標準化されたことです。 過去に言語仕様の調査で「そっちのJavaScriptじゃない」と上司に言われたことがあり、その当時は理解できませんでしたが、 今更ながら、そういうことだったのかと理解しました。

4. Webアプリケーションについて

Web開発で使われる仕組みや、開発言語、フレームワークなど、Web開発者にとっては親しみのある内容ではありますが、 基礎から再度、学び直すことは大切ですね。 Webアプリケーションで使われている専門用語なども改めて理解できました。

5. 最後に

私は普段、業務に追われているとWeb開発の知識を忘れてしまいがちで、何度もインターネットを利用して調べ直すことが多いのですが、 適度に要約されていて説明が分かりやすい書籍があると、内容がイメージしやすいので頭に残りやすく、知識が蓄積出来そうですね。